de.mpg.escidoc.pubman.appbase.FacesBean
日本語
 
ヘルプ プライバシーポリシー 連絡先 ログイン
  詳細検索全体一覧

アイテム詳細

  In situ observation of modulated light emission of fiber fuse synchronized with void train over hetero-core splice point

Todoroki, S.-i. (2008). In situ observation of modulated light emission of fiber fuse synchronized with void train over hetero-core splice point. PLoS ONE, 3(9), e3276. doi:10.1371/journal.pone.0003276.

Item is

基本情報

表示: 非表示:
アイテムのパーマリンク: 版のパーマリンク: http://pubman.nims.go.jp/pubman/item/escidoc:33039:8
資料種別: 学術論文
その他のタイトル : 異径コア融着点を通過するファイバヒューズのその場観察と空孔列の変調パターンとの関係

ファイル

表示: ファイル

関連URL

表示:
非表示:
説明:
Japanese translation is included. See Text S2.

作成者

表示:
非表示:
 作成者:
Todoroki, Shin-ichi1, 著者              
所属:
1Optronic Materials Center, Tsukuba, Japan, escidoc:29036              

内容説明

表示:
非表示:
キーワード: fiber fuse
 要旨: Fiber fuse is a process of optical fiber destruction under the action of laser radiation, found 20 years ago. Once initiated, opical discharge runs along the fiber core region to the light source and leaves periodic voids whose shape looks like a bullet pointing the direction of laser beam. The relation between damage pattern and propagation mode of optical discharge is still unclear even after the first in situ observation three years ago. Fiber fuse propagation over hetero-core splice point (Corning SMF-28e and HI 1060) was observed in situ. Sequential photographs obtained at intervals of 2.78 us recorded a periodic emission at the tail of an optical discharge pumped by 1070 nm and 9 W light. The signal stopped when the discharge ran over the splice point. The corresponding damage pattern left in the fiber core region included a segment free of periodicity. The spatial modulation pattern of the light emission agreed with the void train formed over the hetero-core splice point. Some segments included a bullet-shaped void pointing in the opposite direction to the laser beam propagation although the sequential photographs did not reveal any directional change in the optical discharge propagation.
 要旨: 異径コア(Corning SMF-28eとHI 1060)融着点付近を通過するファイバヒューズをその場観察した。1070 nm 9 Wの光を供給した光学的放電を2.78 us毎に記録した一連の写真から、その末尾に周期的発光が現れることがわかった。この信号は、異径コア融着点を横切る時には現れない。この時にコア領域に残される損傷パターンには、周期性が欠落した区間が認められた。いくつかの区間には、レーザー光の進行方向とは逆の方向に向いた弾丸状空孔が現れたが、ビデオ映像では光学的放電が進行方向を変えた形跡は残されていなかった。

資料詳細

表示:
非表示:
言語: eng - 英語
 日付: 2008-07-042008-09-032008-09-25
 出版の状態: オンラインで出版済み
 ページ: -
 出版情報: -
 目次: -
 査読: 査読あり
 識別子(DOI, ISBNなど): DOI: 10.1371/journal.pone.0003276
 学位: -

関連イベント

表示:

訴訟

表示:

Project information

表示:

出版物 1

表示:
非表示:
出版物名: PLoS ONE
種別: 学術雑誌
 著者・編者:
所属:
出版社, 出版地: -
ページ: - 巻号: 3 (9) 通巻号: - 開始・終了ページ: e3276 - 識別子(ISBN, ISSN, DOIなど): ISSN: 1817101X