de.mpg.escidoc.pubman.appbase.FacesBean
日本語
 
ヘルプ プライバシーポリシー 連絡先 ログイン
  詳細検索全体一覧

アイテム詳細

  Refractive index reduction at the surface of Co/Cu-doped silicate glasses induced by femto-second laser irradiation

Todoroki, S.-i., Muraoka, M., Suehara, S., Konishi, T., Inoue, S., & Yasumori, A. (2005). Refractive index reduction at the surface of Co/Cu-doped silicate glasses induced by femto-second laser irradiation. J. Ceram. Soc. Jpn., 113(4), 308-311.

Item is

基本情報

表示: 非表示:
アイテムのパーマリンク: 版のパーマリンク: http://pubman.nims.go.jp/pubman/item/escidoc:33013:6
資料種別: 学術論文
その他のタイトル : Co/Cuイオン添加ケイ酸塩ガラスのフェムト秒レーザ光照射による屈折率減少

ファイル

表示: ファイル

関連URL

表示:

作成者

表示:
非表示:
 作成者:
Todoroki, Shin-ichi1, 著者              
Muraoka, M.2, 著者
Suehara, S.3, 著者
Konishi, T.3, 著者
Inoue, S.3, 著者
Yasumori, A.2, 著者
所属:
1Optronic Materials Center, Tsukuba, Japan, escidoc:29036              
2Faculty of Industrial Science & Engineering, Tokyo University of Science, 2641 Yamazaki, Noda, Chiba 278-8519, Japan, escidoc:persistent22              
3Advanced Materials Laboratory, National Institute for Material Science, 1-1 Namiki, Tsukuba, Ibaraki 305-0044, Japan, escidoc:persistent22              

内容説明

表示:
非表示:
キーワード: silicate glass, refractive index, fs-laser pulse irradiation, finite element method
 要旨: Femto-second laser pulses (800nm, 11nJ/pulse, 82MHz) were irradiated on the surface of Co- or Cu-doped silicate glasses (70SiO2-20NaO2-10Al2O3 doped with 20 mol% of CoO or CuO, respectively) for 1 second to modify its surface, which was observed by a scanning probe microscope and an ellipsometer. Some samples exhibited refractive index reduction without any structural modification, which was brought about by local increase in fictive temperature through spot heating and quenching. With the aid of a computer simulation using a finite element method, such a modification is found to occur when the maximum surface temperature is less than 1000 degC for the Cu-doped glass.
 要旨: (70SiO2-20NaO2-10Al2O3 に対し CoO または CuO を 20 mol%)に 対し、フェムト秒レーザーパルス(800nm, 11nJ/pulse, 82MHz)を1秒間照射し て、その表面の変化を走査型顕微鏡とエリプソメータで観察した。いくつかの 試料は、表面形状の変化無しに屈折率が減少した。これは、局所的急加熱急冷 によってガラス表面の仮想温度が減少したためと考えられる。有限要素法を用 いたCu含有ガラスの計算機シミュレーションにより、このような屈折率減少は、 レーザー加熱による表面の最高温度が1000度C以下の時に起こると見積もられた。

資料詳細

表示:
非表示:
言語: eng - 英語
 日付: 2004-10-052005-01-202005-04-01
 出版の状態: 紙媒体で出版済み
 ページ: -
 出版情報: -
 目次: -
 査読: 査読あり
 識別子(DOI, ISBNなど): -
 学位: -

関連イベント

表示:

訴訟

表示:

Project information

表示:

出版物 1

表示:
非表示:
出版物名: J. Ceram. Soc. Jpn.
種別: 学術雑誌
 著者・編者:
所属:
出版社, 出版地: -
ページ: - 巻号: 113 (4) 通巻号: - 開始・終了ページ: 308 - 311 識別子(ISBN, ISSN, DOIなど): ISSN: 09145400