de.mpg.escidoc.pubman.appbase.FacesBean
日本語
 
ヘルプ プライバシーポリシー 連絡先 ログイン
  詳細検索全体一覧

アイテム詳細

  Heat-induced breakage of an optical circuit at a TeO2 glass bridge linking silica glass fibers

Todoroki, S.-i. (2006). Heat-induced breakage of an optical circuit at a TeO2 glass bridge linking silica glass fibers. J. Ceram. Soc. Jpn., 114(8), 709-712.

Item is

基本情報

表示: 非表示:
アイテムのパーマリンク: 版のパーマリンク: http://pubman.nims.go.jp/pubman/item/escidoc:28314:12
資料種別: 学術論文
その他のタイトル : シリカガラスファイバ間をTeO2ガラスで結合した光回路における熱誘起切断

ファイル

表示: ファイル

関連URL

表示:

作成者

表示:
非表示:
 作成者:
Todoroki, Shin-ichi1, 著者              
所属:
1Optronic Materials Center, Namiki 1-1, Tsukuba, Ibaraki 305-0044, Japan, escidoc:29036              

内容説明

表示:
非表示:
キーワード: optical fiber, telluria glass, plastic flow, optical fuse
 要旨: The irreversible transformation of a tellurum oxide glass layer inserted between two ends of two silica glass optical fibers was monitored via the intensity of a light passed through the circuit. This structure is used for a heat-induced optical fuse after the soft glass layer has been coated with a light absorber. Heat-induced breakage occurred when the glass crystallized or flowed in the presence of a shearing stress. Without the stress, the optical link was maintained through the glass melt but suddenly broke due to the crystallization. On the other hand, the stress deformed the glass bridge and broke the optical link less than 0.4 sec. Thus, the shearing stress at the splicing point helps the device respond immediately and reliably.
 要旨: シリカガラス製光ファイバ対に挟まれた酸化テルルガラス層の非可逆的変化を、 その回路を通過する光の強度でモニターした。この構造は、ガラス層を光吸収体 でコートすれば熱誘起光ヒューズとして用いられる。熱誘起切断は、ガラスが結 晶化するか、あるいは剪断応力によって変形することで起こる。応力が無ければ、 光結合はガラス融液を通して保たれるが、突然発生する結晶化によって解消され る。応力下では、ガラスによる結合は変形し、0.4秒以下で光結合が解消される。 よって、融着点に働く剪断応力は、素子動作の高速性と信頼性を向上させる。

資料詳細

表示:
非表示:
言語: eng - 英語
 日付: 2006-05-112006-06-152006-08-01
 出版の状態: 紙媒体で出版済み
 ページ: -
 出版情報: -
 目次: -
 査読: 査読あり
 識別子(DOI, ISBNなど): -
 学位: -

関連イベント

表示:

訴訟

表示:

Project information

表示:

出版物 1

表示:
非表示:
出版物名: J. Ceram. Soc. Jpn.
種別: 学術雑誌
 著者・編者:
所属:
出版社, 出版地: -
ページ: - 巻号: 114 (8) 通巻号: - 開始・終了ページ: 709 - 712 識別子(ISBN, ISSN, DOIなど): ISSN: 09145400